江津湖研究会とは

江津湖研究会は、1982年2月の創立以来、江津湖を中心とした熊本水環境保全(上流域・阿蘇から下流域・有明海まで)に取り組み、行政や教育界と共に、30年以上にわたり、親子自然観察会(熊本市動植物園との協働など)、環境塾、会誌の発行などを継続しております。

 

現在、水の国プロジェクト(株式会社テレビ熊本による支援)による、江津湖を中心とした「ホタル」の復活活動、フランスNPOとの協働により、水環境シンボルの一つであるスイゼンジノリ・サクランの保全・活用などのため活動しております。

受賞歴

1982年 : 江津湖研究会創立

1991年 : 肥後の水資源愛護賞受賞 (肥後銀行より)

1993年 : 河川愛護功労者表彰 (熊本県より)

1997年 : くまもと県民文化賞「地域文化活動部門」受賞(熊本県より)

1998年 : 日本水環境学会九州支部貢献

    第一号受賞(日本水環境学会九州沖縄支部会より)

2003年 : 水環境保全功労者表彰 (環境省より)

2003年 : 水環境文化賞受賞 (日本水環境学会より)

2003年 : 環境省水環境部長表彰 (環境省より)

2012年 : 熊本市有効者表彰 (熊本市より)

現在にいたる。

江津湖研究会役員

会 長 : 椛田聖孝

副会長 : 金子好雄 

事務局長 : 岡本智伸

事務局次長 : 福崎 稔

顧 問 : 本田公三

顧 問 : 荒牧昭二郎

監 査 : 山下秀次

監 査 : 安田 伸